『風土 人間学的考察』の基本情報

書籍名:風土 人間学的考察
著者名:和辻哲郎
発行:岩波書店
発行年:1979年

『風土 人間学的考察』のキーワード

カテゴリ:哲学
キーワード:日本思想、西洋思想、存在論

『風土 人間学的考察』のレビュー

「自然環境を守ろう!」という標語には、もはや取り立てて新しさを感じられなくなってきている。

しかし改めて考えてみると、私たちが守るべき「自然環境」とは何であろうか。仮に自然環境を、産業革命以前の状態に戻せたとして、私たちの自然保護活動は成功したと言えるのだろうか。答えはもちろんノーである。私たちは対象としての自然環境の保護を追求しているのではなく、自然環境と私たちの関わり方の改善を追求しているのだから。

この自然環境と私たちとの関わり方について、今から80年ほど前に論じた日本の思想家がいた。和辻哲郎である。「風土」というキーワードに基づく彼の自然観・人間観には、今なお傾聴すべき点が多くある。自然環境に関心のある読者には必携の古典と言えるだろう。

『風土 人間学的考察』の要旨・要約

私たちは常に何かを感じて(例えば「今日は寒い」などと感じて)生きているが、このような経験をするとき、既に私たちは外界に開かれている。寒さなどを「感じる」という経験の中に、既に自我と他なるものとの関係が息づいているのである。

私たちはこのような経験を常時行っているとすると、その経験に息づく関係性こそ、私たちの人間としてのあり方の本質を形成していることになる。自我と他なるものとの関係の仕方を、本書では「風土」と呼ぶ。

風土には3つのパターンがある。モンスーン、沙漠、牧場である。東・南アジアはモンスーン、西アジアは沙漠、ヨーロッパは牧場に当てはまる。

湿度が高く生命力豊かなモンスーン型の風土において、人は受容的・忍耐的・情動的になる。湿度が低く常に死の危険がある沙漠型風土において人は対向的・戦闘的・社会的になる。そして穏やかな気候に際している牧場型風土において、人は合理的になる。

このように、風土という自我と自我を取り囲むものとの関係性は、人間の本質的な性格を規定している。

『風土 人間学的考察』への感想

本書は、非常にハイデガー的な思想によって成り立っている。和辻自身、本書におけるハイデガー哲学の影響の大きさを次のように認めている。

「自分が風土性の問題を考え始めたのは、1927年の初夏、ベルリンにおいてハイデッガーの『有と時間』(『存在と時間』のこと。注釈はライター)を読んだときである」(p3)

実際、和辻の「風土」に対する考え方と、ハイデガーの「世界」に対する考え方はかなり似ている。詳しく知りたい人は、ぜひハイデガーの『存在と時間』を読んでみてほしい。

ハイデガーの存在論を基盤として、和辻はその理論を比較文化論に応用している。この比較文化論に、和辻の思想の独自性がある。彼は自身の芸術的直観によって、「風土」という観点から世界中の人間の本質を三つに類型化してみせた。

本書の記述について、やや雑な類型になっているという指摘もあるが、和辻自身の旅行体験の記述の臨場感もあって、納得できる部分も多くあると私は感じている。本書で示された類型を参考にして、別の類型の仕方の可能性を考えてもいいかもしれない。

『風土 人間学的考察』と関連の深い書籍

『風土 人間学的考察』と関連の深い「日本思想」の書籍

  • 九鬼周造著『「いき」の構造 他二篇』、岩波書店、1979年
  • 西田幾多郎著『善の研究』、岩波書店、1979年
  • 和辻哲郎著『古寺巡礼』、岩波書店、1979年

『我と汝』と関連の深い「西洋思想」の書籍

  • カント著・波多野精一;宮本和吉;篠田英雄訳『実践理性批判』、岩波書店、1979年
  • ヘーゲル著・熊野純彦訳『精神現象学 上・下』、筑摩書房、2017年

『精神現象学』要旨・要約、感想とレビュー

  • ヘーゲル著・武市健人訳『哲学史序論―哲学と哲学史―』、岩波書店、1967年
  • ヘルダー著・宮谷尚美訳『言語起源論』、講談社、2017年
  • マルクス著・長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』、光文社、2010年

『経済学・哲学草稿』要旨・要約、感想とレビュー

 

『風土 人間学的考察』と関連の深い「存在論」の書籍

  • ハイデガー著・細谷貞雄訳『存在と時間 上・下』、筑摩書房、1994年

1件のコメント

  1. ピンバック: ギリシアと奈良を繋ぐ道へ|『古寺巡礼(和辻哲郎)』要旨・要約、感想とレビュー | 【OLUS】オンライン図書館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。