『弱いつながり』の基本情報

書籍名:弱いつながり
著者名:東浩紀
発行:幻冬舎
発行年:2014年

『弱いつながり』のキーワード

カテゴリ:文学
キーワード:評論

『弱いつながり』のレビュー

よく、今はネットがあるから実際に他国・他地域に旅行する必要はないという意見を聞く。確かに、インターネットの普及に伴って、私たちが知れる世界の情報の幅は格段に広がった。

だが、ネットにあげられる情報はあくまで情報化できる(言語や表象に落とし込める)情報だけであり、それ以外の情報は遮断されてしまう。リアルの経験はネットでの経験よりも遥かに豊かな可能性がある。言語化されない領域での、偶然性に満ちた出会いがそこにある。

こんな指摘をしたのが、本書を著した批評家・東浩紀である。1998年に『存在論的、郵便的』で鮮烈なデビューを飾った東は、現代日本の批評界の第一人者であり、その知性は『構造と力』を著した浅田彰も認めている。休暇中は海外に出かけることをライフワークにしている彼の豊富な経験に基づく人生論を、とくとご覧あれ。

『弱いつながり』の要旨・要約

私たちは今、ネットを手放して生きていくことができず、Googleの検索アルゴリズムによって行動が規定されてしまっている。この規定から逃れるためには、Googleが予測できない検索言語を手に入れる必要がある。

Googleの網の外側の言語を手に入れるためには、一つの地域の強いつながりに固執する「村人」でもなく、絶えず地域を移動する「旅人」でもなく、ある地域で弱いつながりを形成しながら各地を移動していく「観光客」となるのが良い。

具体的には、自分の身体を普段絶対に行かない場所へ移動させ、現地での具体的な事物に触れてそこから言語化されない何かを感じとり、徹底して偶然性に身を晒すべきである。決して固定化されないその経験は、現実の共同体やネットでの強いつながりが息苦しく感じられるようになった時に、自分の視野と行動の幅を広げてくれるだろう。

『弱いつながり』への感想

新型コロナウイルスによる自粛要請が発令される以前に、大学の春季休暇中だった私は頻繁に近所の古書店に通っていた。もちろん、人気のない時間帯と場所を選んでのことである。

私が思うに、古書店は「偶然性」の宝庫である。そもそも、本屋や図書館という本に囲まれる空間は、それまで自分が何の関心も持ってこなかった分野に触れる可能性をそれ自体として持っている。中でも古書店は、最近発行された書籍から戦前の書籍までが一堂に会する異空間である。古書店には分野というヨコのつながりだけでなく、時代というタテのつながりも豊富に存在しているのである。

もちろん私は私なりに専門分野を持っているから、日常的に読む書籍はその分野が中心になる。しかし古書店に来たとき、私は自分の狭い専門から離れ、古今東西の先達たちの知恵を垣間見ることができる。東氏の言を借りれば、偶然性に満ちた「弱いつながり」を形成しているのである。

流石に今はなかなか古書店に足を運べないので、古書店街が共同で運営しているオンラインショップで妥協しているが、感染症拡大が収束した暁には、またあの偶然性の都に身を預けてみる所存である。

『弱いつながり』と関連の深い書籍

『弱いつながり』と関連の深い「評論」の書籍

  • 浅田彰著『逃走論 スキゾ・キッズの冒険』、筑摩書房、1986年
  • 浅田彰;柄谷行人著『柄谷行人浅田彰全対話』、講談社、2019年
  • 東浩紀著『一般意志2.0 ルソー・フロイト・グーグル』、講談社、2011年
  • 東浩紀著『ゲンロン0 観光客の哲学』、ゲンロン、2017年
  • 東浩紀著『テーマパーク化する地球』、ゲンロン、2019年
  • 東浩紀著『動物化するポストモダン オタクから見た現代社会』、講談社、2001年
  • 東浩紀;石田英敬著『新記号論』、ゲンロン、2019年
  • 大山顕著『新写真論』、ゲンロン、2020年
  • 千葉雅也著『勉強の哲学 来るべきバカのために』、文藝春秋、2017年
  • 千葉雅也著『アメリカ紀行』、文藝春秋、2019年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。