『時間と自由』の基本情報

書籍名:時間と自由
原題:Essai sur les données immédiates de la conscience
著者名:アンリ・ベルクソン
翻訳者名:中村文郎
発行:岩波書店
発行年:2001年初版発行

『時間と自由』のキーワード

カテゴリ:哲学
キーワード:西洋思想、形而上学、認識論、言語哲学

『時間と自由』のレビュー

私たちは時間に囲まれている。スマホを開けばまず現在時刻が出てくるし、時計は至る所にある。電車の少しの遅延に苛立ってしまう人は少なくない。私たちにとって、時間はごくごく当たり前に存在している。

しかし、時間は単なる実在ではない。それはあまりにも抽象的すぎるからである。少なくとも具体的な事物の実在と同じようには語れない代物である。

では、本来時間とは何であったか?この問題と自我の内面の自由との密接な関係について論じたのが本書『時間と自由』である。もしあなたが、普段時間を意識して行動することが多いなら、本書をぜひ読んでみてほしい。何気なく意識している時間が、実は自我の自由に関わる重要な問題とつながっていることが感じられるだろう。

『時間と自由』の要旨・要約

自由の決定論(「自由意志は存在しない」)も非決定論(「自由意志は存在する」)も、論じる対象となる自我そのものと自我の記号・表象とを混同してしまっている。純粋な内面と、その表出である記号・表象とは区別されなければならない。

最も純粋な内面性(あるいは自我)とは、意識に対して直接与えられる純粋な質であり、それは互いに区別されず継起する状態=<純粋持続>である。この<純粋持続>は一切の客観的分析を拒む純粋な知覚経験である。例えば美しいメロディーに身を委ねられている状態は(本当にそうなのであれば)<純粋持続>と呼びうる。

そしてこのような状態は、あらゆる客観的分析の外側にあるため、何者にも拘束されることがない。このような状態こそ真の自由なのである。

『時間と自由』への感想

「語りえぬものには、沈黙せねばならない」というのは、あまりにも有名なウィトゲンシュタインの言葉であるが、ここには伝統的な哲学が抱えるジレンマが表現されている。

ベルクソンは「意識に直接与えられるもの」に人間の自由の可能性を見たが、そのもの自体は「語り得ない」。語った瞬間、それは「直接与えられたもの」ではない何かになるからである。しかし、ことば以外で哲学を営むことはできない。

この問題は、それまでは自我に対して超越的な存在(神など)を語る際に扱われてきたが、ベルクソンがこの問題を扱っているのはむしろ自我の内面の次元においてである。「語り得ぬ」ものは、最も原初的な経験であり、そこにこそ人間の自由がある。旧来の形而上学にはなかった、なんとも暖かい思想であると言えよう。

『時間と自由』と関連の深い書籍

『時間と自由』と関連の深い「西洋思想」の書籍

  • スピノザ著・畠中尚志訳『エチカ−倫理学 上・下』、岩波書店、1951年
  • スペンサー著・森村進訳『ハーバード・スペンサー コレクション』、筑摩書房、2017年
  • ドュルーズ著・財津理訳『差異と反復<上>・<下>』河出書房新社、2007年
  • ニーチェ著・原佑訳『ニーチェ全集<12>・<13> 権力への意志 上・下』、筑摩書房、1993年

『我と汝』と関連の深い「形而上学」の書籍

  • アリストテレス著・出隆訳『形而上学 上・下』、岩波書店、1959年
  • プロティノス著・田中美知太郎;水地宗明;田之頭安彦訳『エネアデス<抄>1・2』、中央公論新社、2007年

『我と汝』と関連の深い「認識論」の書籍

  • カント著・中山元訳『純粋理性批判 1〜7』、光文社、2010-2017年
  • メーヌ=ド=ビラン著・増永洋三訳『人間学新論―内的人間の科学について』、晃洋書房、2001年
  • メルロ=ポンティ著・滝浦静雄;木田元訳『見えるものと見えないもの 付・研究ノート』、みすず書房、2017年

『我と汝』と関連の深い「言語哲学」の書籍

  • ウィトゲンシュタイン著・丘沢静也訳『論理哲学論考』、光文社、2014年

1件のコメント

  1. ピンバック: 『差異と反復』要旨・要約、感想とレビュー: | 【OLUS】オンライン図書館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。